ECOCERTオーガニック認証


エコサートとは

1991年にウィリアム・ヴィダル氏らによって共同設立された国際有機認証機関です。フランスのトゥールーズに本部を置き、設立当初から一貫して環境に配慮したビジネスの実践を推し進める活動をおこない、翌1992年にはフランス政府からも民間認証団体として認められました。
現在までの認証件数は約30万件以上と、世界最大規模の機関です。認証品目は、有機作物の認証以外にも、繊維、洗剤、塗料、ホームフレグランスからゴルフ場、スパ施設など非常に多岐にわたっています。明確な基準がなかったオーガニック化粧品についても、2003年には世界に先駆けてルールをつくり、認証をスタートさせ、現在では化粧品部門だけでも1,000社以上、18,000点を超える製品の認証を行っています。

世界中で認証されているオーガニック化粧品の約80%がエコサート認証で、オーガニック化粧品関連の企業や関係者が選ぶ最も信頼できる認証ブランド、まさに世界基準といえます。

エコサートが求める基準には、消費者保護と製造プロセス全体における環境への配慮の実践を保証することにありますが、その根本にあるのは有機認証を通して「あらゆる生命にとって平穏かつ健全な自然環境づくり」です。その想いは、エコサートがマークに掲げている「ツバメ」がいる環境は、安定した生態系の象徴といわれていることにもあらわれています。

日本には、オーガニック化粧品の明確な基準や、公的な認証機関が存在せず、言葉だけの「オーガニック」や「自然派」などイメージが先行しています。消費者が安心して本物のオーガニック化粧品を見分けるためには、「エコサートなど厳格な基準をもつ有機認証機関の認証マークのついた製品」を選ぶことが一つの手段であるといえます。

エコサート ナチュラル&オーガニック化粧品認証基準

天然由来成分を
95%以上
使用していること

植物原料の最低95%は
オーガニックで
あること

全成分の10%以上は
認証オーガニック成分で
あること

パラペン・鉱物油・
合成香料を
使用しないこと


エコサートコスモス認証とは

コスモス認証とは、Cosmetic Organic Standardの略で、ヨーロッパにおける5つのオーガニック認証団体、フランスの「コスメビオ」「エコサート」、ドイツの「BDIH(ドイツ化粧品医薬品商工連盟)」、イギリス「Soil Association(英国土壌協会)」、イタリア「ICEA(倫理と環境のための認証協会)」が2002年に国際的なオーガニック認証を取りまとめる合意をしてから8年の歳月をかけて、別々の認証基準を取りまとめ、2010年にコスモス認証が制定されました。

コスモス認証の目的は、「持続可能な開発」を化粧品分野において可能とすることで、環境保護、そして天然由来及びオーガニック原料を使用した原材料の生産から、最終製品の流通を促進していくことです。

エコサートコスモス
オーガニック認証基準

原材料の
95%以上が
天然由来であること

植物原料の
最低95%は
オーガニックで
あること

原材料の20%以上は
認証オーガニック
原料であること

※ただし、洗い流す製品については完成品の10%以上をオーガニック原料とする。

パラベン・鉱物油・
合成香料を
使用しないこと


コスメビオマーク

COSMEBIO(コスメビオ)マークは、フランスのエコロジカル・オーガニック化粧品の協会が、コスモス認証基準などを満たした信頼できるオーガニック化粧品に与えているマークです。
この団体には、エコロジカルでオーガニックな化粧品の原料サプライヤー、製造業者、化粧品研究所、流通業者などが加入しており、原材料の起源から最終製品の製造にいたるまで全ての段階で基準を満たした化粧品にコスメビオのロゴをつけることが許され、同機関により保証されています。
現在は、380以上の企業・団体、500以上のブランド、9000以上の製品にコスメビオマークが付与されており、欧米では本格的なオーガニックコスメのスタンダードとなっています。

* 2018年11月現在

コスメビオの認証基準

加工後の完成品に
含まれる原料が
95%以上
天然由来であること

残りの原料が
指定以外の
化学原料でない

完成品の原料の
10%以上が
オーガニック

植物原料の
95%は
オーガニックであること

イオン化処理の禁止・
化学香料は禁止