ディーラーの社会貢献活動

ボランティアグループ『和みの会』

鹿児島県霧島市

代表者からのひと言

「ボランティアグループ『和みの会』」は、高齢者施設へ訪問し、利用者や従業員の皆様を歌と踊りを通じて労うことを目的として設立いたしました。主に歌や踊りの披露をはじめ、共に歌ったり踊ったりする活動を行っております。

活動のきっかけは20年程前に知人に誘われ、高齢者施設へ訪問させていただいた際に、施設の方から大変感謝をされた事でした。当初は歌や踊りに対するお礼だと思って軽く挨拶した程度でしたが、そこには実はもっと深い感謝の意味がありました。

施設利用者のなかには歌や踊りをみても何の反応も示さない方もいらっしゃり、正直なところ慰問は自分たちの自己満足ではないか、と考えたこともありました。しかし、その時反応はなくても、私たちが訪問した日の夜はぐっすりと眠ってくれるので、従業員にとって唯一の休養日になるのです、という話を聞きしました。

施設で生活される方にとって、施設外の空気に触れる機会は「慰問」しかなく、毎日を淡々と過ごされています。ある意味平和なのではと思われるかもしれませんが、それは従業員の皆さんの陰での努力があってこそだと痛感させられました。昼間おとなしい利用者も夜になると叫びだしたり、徘徊したりと様々なことが起きます。それでも何事もなかったように朝を迎え一日を過ごせるのは、やはり従業員や介添人の対応があってこそで、利用者の方だけでなく従業員の方にも、こういった訪問活動の必要性を感じました。

このような高齢者施設への慰問は、施設利用者が楽しい時間を過ごすだけでなく、その方々を支えて下さっている介護者や子育て世代の多い施設従業員にとってもその後の介護が容易になると考えています。

『子育ても介護も地域みんなで助け合うもの』
自分が「子育て世代」の時、がむしゃらに働いていた自分や子供たちを支え、応援してくれた地域の皆様への恩返しとして、地域全体に向け貢献していきたいと思います。そして、次の若い世代にも引き継ぎながら、「介護する側」も「介護される側」も共に楽しい時間を過ごし、地域全体で共に支え合う環境作りにこれからも邁進して参ります。

  • ◎高齢者施設への慰問活動
主活動分野
地域振興 スポーツ・レクリエーション
設立日
2002年
代表者
前田 三喜男
所在地
鹿児島県霧島市

一覧に戻る