ECOCERTオーガニック認証


エコサート

ECOCERT(エコサート)とは、フランスのトゥールーズに本拠をおく国際有機認定機関です。オーガニック認証団体の世界基準ともいわれており、完全に独立した公平な立場にあり、検査員は農業と食品科学分野の技術者で構成されています。ECOCERTの認める有機生産物は、ヨーロッパの有機に関する法律に基づき生産された非加産物、加工産物のことで、認定を継続するために、一年に一度の厳しい実地検査・審査をうけています。

エコサート認証の定義

天然由来成分を
95%以上
使用していること

植物原料の最低95%は
オーガニックで
あること

全成分の10%以上は
認証オーガニック成分で
あること

パラペン・鉱物油・
合成香料を
使用しないこと


コスメビオマーク

COSMEBIO(コスメビオ)マークは、フランスのエコロジカル・オーガニック化粧品の協会が、エコサート基準を満たしたオーガニック製品に与えているマークです。

この団体には、エコロジカルでオーガニックな化粧品の原料サプライヤー、製造業者、化粧品研究所、流通業者などが加入しており、エコサート基準を満たした化粧品にコスメビオのロゴをつけることが許され、同機関により保証されています。

現在*は400以上の企業・団体、500以上のブランド、9200以上の製品にコスメビオマークが付与されており、欧米では本格的なオーガニックコスメのスタンダードとなっています。

* 2014年5月現在

コスメビオの認証基準

加工後の完成品に
含まれる原料が95%以上
自然原料

残りの原料が
指定以外の
化学原料でない

商品の原料の
10%以上が
オーガニック

植物原料は
95%以上
オーガニック

イオン化処理の禁止・
化学香料は禁止