オーガニック製品について

オーガニックへのこだわり

健康と美容と自然環境は、密接な関係があるといわれており、昨今の自然志向から「オーガニック製品」への注目は高まっています。
しかし、日本では「有機JAS認定」のように、農産物や加工食品の有機認証規格はあっても、オーガニック化粧品の認証制度は確立されておりません。そこで、ベネシードでは、世界基準ともいわれるフランスの国際有機認証機関「エコサート」の厳しい認証基準をクリアし、信頼の証として「エコサートマーク」と「コスメビオマーク」という2つのマークが付与された、環境にも人にもやさしいオーガニック製品を提供しています。

ベネシードのオーガニック製品「ドゥシリーズ」

  • ドゥ リヴァージュバスソルト

  • ドゥ・スマイユハンドクリーム

  • ドゥ・ソレイユ顔・からだ用
    日やけ止めクリーム

  • ドゥ アンスタンヘアシャンプー/ヘアコンディショナー/
    ボディシャンプー

ベネシードは、植物など天然由来の成分を主体とした安心・安全な製品づくりを行っています。
その中でも特に、オーガニック素材にこだわり、エコサート認証工場で製造したオーガニック製品が「ドゥ シリーズ」です。

エコサートとは

1991年にウィリアム・ヴィダル氏らによって共同設立された国際有機認証機関です。フランスのトゥールーズに本部を置き、設立当初から一貫して環境に配慮したビジネスの実践を推し進める活動をおこない、翌1992年にはフランス政府からも民間認証団体として認められました。
現在までの認証件数は約30万件以上と、世界最大規模の機関です。認証品目は、有機作物の認証以外にも、繊維、洗剤、塗料、ホームフレグランスからゴルフ場、スパ施設など非常に多岐にわたっています。明確な基準がなかったオーガニック化粧品についても、2003年には世界に先駆けてルールをつくり、認証をスタートさせ、現在では化粧品部門だけでも1,000社以上、18,000点を超える製品の認証を行っています。

世界中で認証されているオーガニック化粧品の約80%がエコサート認証で、オーガニック化粧品関連の企業や関係者が選ぶ最も信頼できる認証ブランド、まさに世界基準といえます。

エコサートが求める基準には、消費者保護と製造プロセス全体における環境への配慮の実践を保証することにありますが、その根本にあるのは有機認証を通して「あらゆる生命にとって平穏かつ健全な自然環境づくり」です。その想いは、エコサートがマークに掲げている「ツバメ」がいる環境は、安定した生態系の象徴といわれていることにもあらわれています。

日本には、オーガニック化粧品の明確な基準や、公的な認証機関が存在せず、言葉だけの「オーガニック」や「自然派」などイメージが先行しています。消費者が安心して本物のオーガニック化粧品を見分けるためには、「エコサートなど厳格な基準をもつ有機認証機関の認証マークのついた製品」を選ぶことが一つの手段であるといえます。

  • エコサート ロゴ

  • エコサート
    ナチュラル&オーガニック
    化粧品の認証ロゴ

エコサート ナチュラル&オーガニック化粧品認証基準

  • 天然由来成分を95%以上使用していること
  • 植物原料の最低95%はオーガニックであること
  • 全成分の10%以上は認証オーガニック成分であること
  • パラペン・鉱物油・合成香料を使用しないこと

エコサート化粧品部門代表からの手紙

エコサートは、1991年に現会長ウィリアム・ヴィダルによって共同設立されたフランスの有機認証機関です。エコサートは有機認証分野のパイオニアであり、農産物の有機認証では草分け的存在です。その活動目的は設立当初から一貫しており、環境に対して責任ある、環境配慮型ビジネスの実践を企業に促すため、経済の新しい流れを推し進めることにあります。この価値観とヴィジョンを堅持しつつ、エコサートは幅広い産業分野に対して解決策を提案するため、活動を多様化させてきました。
2003年には、世界初となるオーガニック化粧品の有機認証基準を開発。本基準の目的は、消費者保護と、製造プロセス全体における環境への配慮の実践を保証することにあります。
こうした有機認証サービスのノウハウを背景に、エコサートはその理念に基づきBeing‐オーガニック&エコロジカル スパ基準を開発しました。Beingは「オーガニック製品の使用」「サービス品質」「環境マネージメント」が確保されたスパであることを保証する世界初のスパ施設の認証ラベルであり、エコサートのすべての価値観を体現したものです。Beingは、スパの利用者に対して、地球環境と調和した心地よいスパ体験を保証いたします。

原文:フランス語(PDF)

エコサート グリーンライフ
代表取締役
ヴァレリー・ルメアー

コスメビオとは

オーガニック化粧品を啓蒙普及していくことを目的に2002年に設立されたフランスの「エコロジカル・オーガニック化粧品協会」です。

現在では、化粧品の研究所、製造業者、販売業者、原料サプライヤーなどフランス国内外の400社以上の企業が加盟しています。協会員には、人と環境に配慮した化粧品について定めたマーケティング、倫理、技術面での基準に従うことが義務づけられ、正しい「オーガニック化粧品」を理解し、広めていくことが求められていきます。

コスメビオのマークは、エコサートなど有機認証機関の定める基準をクリアし、消費者に対して安全性と品質を保証する証として機能しています。

製品にコスメビオマークが付いているということは、製品の安全性はもとより、本物のオーガニック製品であることを表すとともに、自然環境への配慮の姿勢を消費者へ示すマークであるともいえます。

コスメビオマーク

コスメビオ副会長からの手紙

COSMEBIO(コスメビオ)マークとは、フランスのエコロジカル・オーガニック化粧品の協会が、エコサート基準を満たしたオーガニック製品に与えているマークです。
しかし、それはマーク以上のものを意味しています。コスメビオマークはまさしく協会員の社会への誓約を意味しているのです。
化粧品のプロフェッショナルであるCOSMEBIO協会加盟会員は、人と環境に配慮した化粧品について定めたマーケティング、倫理、技術面での基準に従う義務があります。コスメビオの憲章には、以下の3つのテーマに関する8つの誓約事項が記されています。

  • − 人間、倫理、社会的責任
  • − ナチュラル&オーガニック化粧品を開発するための科学的アプローチ
  • − 自然環境への配慮と有機農業の推進

今日、コスメビオマークは、消費者に対して化粧品の安全性と品質を保証するマークとして機能しています。
コスメビオマークの使用には、革新的で優れた化粧品を消費者に提供する義務が伴っているのです。

原文:フランス語(PDF)

コスメビオ副会長
サミュエル・ガボリ