ベネシードの海外での社会貢献活動

  • 国際貢献
  • Brazil

第20回日伯友好カップ開催20th Brazil - Japan friendship cup

2017年8月28日から9月2日にかけて、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにあるジーコサッカーセンターにて、「第20回日伯友好カップ」が開催されました。

この大会は、サッカー元日本代表監督のジーコさんが日本とブラジルの友好と15歳以下の少年サッカー選手育成のため、1998年より毎年開催しているU-15国際大会です。ベネシードはその趣旨に賛同し、スポーツを通した社会貢献活動の一環として、第18回大会から3年連続で協賛を行っています。

今大会には、日本から鹿島アントラーズのジュニアユース3チームとJリーグ選抜、ブラジルからフラメンゴやサントスなどのブラジルトップチーム、合計20チームが参加しました。期間中は天候に恵まれ、青空の下で熱戦が連日繰り広げられました。

決勝はグレミオと地元フラメンゴとの対戦で、フラメンゴサポーターがスタンドを埋め尽くす中、ゲームは0対0のまま延長戦に突入。延長前半にグレミオのゴールで1対0となり、そのまま試合終了、見事にグレミオが第20回大会の優勝を飾りました。日本チームは残念ながら予選リーグでの敗退となりましたが、国際大会という舞台でサッカー大国ブラジルのチームと対戦するという、その経験は選手達の今後への大いなる糧となるのではないでしょうか。

今回から、ジーコさんのFacebookにて試合が生中継され、全世界で総計300万回以上視聴されました。現在も録画映像でご覧頂けますので、ぜひご視聴ください。

ジーコさんのFacebookページURL
https://www.facebook.com/ZicoOficial/?fref=ts

ベネシードは、今後も日伯友好カップを応援してまいります。