ベネシードの海外での社会貢献活動

  • 国際貢献
  • Newzealand

スペシャルオリンピックスSpecial Olympics

スペシャルオリンピックスは、1968年アメリカ合衆国イリノイ州シカゴのソルジャーフィールドで最初に行われたのが始まりです。それ以来、この運動で多数の方々が恩恵を受けてきました。この活動は、世界中の人々の心を開き、知能に障害を持つ人々を受け入れ、全ての人々が喜びを分かち合うことによって地域を変えていくことを目的としています。
知能に障害を持つ子供と大人に、オリンピックのような、一年中できる様々なスポーツや競技に参加してもらうことで、身体的健康を発達させ、勇気のあることを証明し、喜びを経験し、家族や他の選手や地域の方々と一緒に才能、技術、友情を分け合うことに参加する継続的な機会を作ることです。
この想いに共感したベネシードの現CEOは、2009年12月2日から6日まで、パーマストンノースで開催された第7回スペシャルオリンピックス全ニュージーランド夏季大会と、2011年、ギリシャのアテネで開催された第13回スペシャルオリンピックス夏季大会においてニュージーランドチームに寄付させていただきました。