ベネシードの海外での社会貢献活動

  • 国際貢献
  • Brasil

日伯友好カップ18th Brasil - Japan friendship cup

日伯友好カップとは、サッカーを通じた日本とブラジルの青少年の交流を目的に、ジーコ氏の発案によって1998年より毎年ブラジルで開催されている大会です。U-15年代トップクラスのチームが参加する大会として、ブラジル国内でも大変注目を集めています。ジーコ氏は、現役時代は世界的プレーヤーとして、ブラジル代表でもプレーし、Jリーグでも活躍。その後、日本代表監督を務めた日本に深い関わりを持つ人物です。また、2015年「日ブラジル外交関係樹立120周年」の親善大使も務めています。

ベネシードは、青少年の健全な育成と国際交流の促進という観点から、ジーコ氏の取り組みに共感し、日伯友好カップが日本とブラジルの絆をより深め、未来を担う子供たちが活躍できるよう、2015年8月20日~25日、ブラジル・リオデジャネイロにて開催された『第18回 日伯友好カップ』に協賛しました。

  • 第18回 日伯友好カップ、試合の様子

  • ジーコ氏へ弊社製品を進呈

ジーコオフィシャルサイトでは、日本から遠征した青少年たち、そしてジーコ氏が率いるブラジル現地の選抜チームとの熱い戦いとともに、サッカーというスポーツを通じて交流を深める様子がうかがえます。
また、今回の協賛をご縁に、当大会運営に携わる 鹿島アントラーズ育成部長 高島雄大様を通じて、ジーコ氏へ弊社製品を進呈させていただきました。