ベネシードの海外での社会貢献活動

  • 学会協賛
  • Switzerland

国際カロテノイドシンポジウム in スイス ルツェルンThe 18th International Symposium on Carotenoids 2017 in the Lucerne, Switzerland

2017年7月9日から14日までの6日間、スイス有数のリゾート地ルツェルンで「第18回 国際カロテノイド シンポジウム」が開催されました。ベネシードは、2014年にアメリカのユタ州ソルトレイクシティで開かれた第17回国際カロテノイドシンポジウムに続き、今回も協賛しました。

シンポジウムが行われたルツェルンは、スイスの中央部に位置し、中世の面影を残す美しい街です。ルツェルン湖に面した会場には、世界39カ国から多くのカロテノイド研究者が集まり、カロテノイドの健康への有用性について様々な研究成果が発表されました。

特に近年、カロテノイドは、目の健康増進のため世界中で注目されています。カロテノイドの一種であるルテインを含むベネシードのサプリメント「アクティブシード・ワン」は、シンポジウムの展示エリアにおいて、世界中の研究者や参加者から高い注目を集めました。

今回のシンポジウムは、ベネシードの顧問であるフロリダ国際大学教授ジョン・ランドラム博士がプレジデントを務め、当シンポジウムを大いに盛り上げました。 さらに、当シンポジウムにおいて、同じく顧問であるフロリダ国際大学教授リチャード・ボーン博士が、長年のカロテノイド研究に対し、名誉ある表彰を受けました。